サラリーマンが会社にバレずにネットワークビジネス(副業)の確定申告をする裏技とは?

この記事の所要時間: 220

会社に内緒でネットワークビジネス(副業)をやっているサラリーマンの方、多いのではないのでしょうか?

 

drinkinggirl2

 

サラリーマンがネットワークビジネス(副業)で得た所得は、一般的に雑所得になります。

 

サラリーマンでも、1年間の雑所得が20万円を超えたら、確定申告をしなければなりません。

 

所得であって、ネットワークビジネス(副業)で得た収入ではありません。

 

所得は、ネットワークビジネス(副業)で得た収入から必要経費を差し引いた金額になります。

 

その金額を超えたら確定申告です!

 

ただ、サラリーマンが普通に確定申告をすると、ネットワークビジネス(副業)をやっていることが会社にバレる恐れがあります。

 

ネットワークビジネス(副業)の所得を確定申告することで住民税の金額が変わるため、会社に通知が届くからです。

 

この通知でネットワークビジネスの副業がバレてしまいます。

 

確定申告によってこの通知が届かないようにすればいいのです。

 

その方法ですが、確定申告時に住民税の「特別徴収」か「普通徴収」にチェックを入れる欄がありますので、「普通徴収」にチェックを入れてください。

 

普通徴収にチェックを入れると勤め先の会社がサラリーマン本人に代わって納税するのではなく、本人が直接納税することになるので、会社に通知が届くことが無くなるからです。

 

ところで、ネットワークビジネスの副業は上手くいっていますか?

 

ネットワークビジネスは組織を作ってなんぼの世界ですから、組織作りのしっかりしたノウハウを持ったグループに参加することがネットワークビジネス成功のカギです。

 

ネットワークビジネス企業選びより、グループ選びが非常に重要です。

 

組織作りのしっかりしたノウハウを持ったグループ選びに関しては、以下のメルマガが参考になります。

あっぱれ 口コミ下手のサラリーマンにも出来た!常識破りのインターネットMLM成功法!

このメルマガは、お名前メールアドレスだけで、無料でお送りします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

配信解除はすぐ出来ますから、ご遠慮なくお申込みください!
注)受講者多数のため、口コミでダウンが出来ない方以外、受講をお控ください!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ