ニュースキンジャパンのブランドパートナーに興味津々!

この記事の所要時間: 233

partnership

 

ニュースキンジャパン(東京都新宿区 小林和則社長)のビジネス会員の呼び方が、「ブランドパートナー」という名称に変更になりましたね!(日流ウェブ「2017/01/28日本流通産業新聞NB」参照)

 

ニュースキンジャパンではこれまで、他のネットワークビジネス会社の多くがそうであったように、ビジネス会員のことを「ディストリビューター」と呼んでいました。

 

ディストリビューターとは、「IT用語辞典Weblio辞書」によれば、

 

卸売業者または販売代理店のこと

 

ですね!

 

なんとなくイメージできますよね?

 

そのディストリビューターという呼び方が、2017年1月18日から、「ブランドパートナー」という呼び方になったんです!

 

“ニュースキンブランドを共有する大切な仲間”という意味合いでしょうか?

 

ニュースキンジャパンのブランドパートナートレーニングPDFによれば、

 

ブランドパートナーへの別称変更はニュースキンとブランドパートナーの皆さんと力を合わせてニュー スキンのブランドの価値をアップさせることが目的

 

なんだそうです。

 

ただ、この呼び方は日本国内での使用に限定されていて、契約や登録、規約においては、従来通り「ディストリビューター」が使用されるそうです。

 

また、「プリファードカスタマー」は、「ショッピングメンバー」という呼び方になっています。

 

まとめ

こういったイメージ戦略の裏には、ニュースキンジャパンの売上高が伸び悩んでいるという現状があります!

 

3位にフォーデイズ!売上高ランキング2015の光と陰!

日本アムウェイの反撃?売上高ランキング2016決定版の見どころ!

ナチュラリープラス大幅減で売上高ランキング2017に異変?

 

さて、この新イメージ戦略で売上高ランキングの数字がどのように変化するのか、興味深く見守っていくことにします。

 

以上、「ニュースキンジャパンのブランドパートナーに興味津々!」でした。

 

リストアップやアポ電、セミナー、ABCにアレルギーのあるあなた!

 

ネットワークビジネス成功者が実践するインターネット活用法を学ぶメルマガ

インターネット集客で寝てる間にダウンが出来る秘密とは?
口コミで友人知人をリストアップ・勧誘しない、評判のネットワークビジネスMLM成功法

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

このメルマガは無料で、即解除可能です!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ