フォーデイズ、エマウス・ライフサイエンスへの資本参加で願う人々の健康!

この記事の所要時間: 140

ネットワークビジネス(MLM)企業のフォーデイズ株式会社(東京都中央区 和田佳子社長)公式サイトのプレス発表によれば、難病治療薬を開発する米国創薬メーカーのエマウス・ライフサイエンス株式会社に資本参加したようです。

 

会社名:エマウス・ライフサイエンス社
所在地:米国カリフォルニア州トーランス
代表者:新原豊(にいはらゆたか)
創業:2007年

 

drugspills

 

フォーデイズのエマウス・ライフサイエンスへの資本参加は2012年10月から、日本円にして合計約2億1,000万円にも及んでいます。

 

エマウス・ライフサイエンスの100パーセント出資子会社のエマウス・メディカル株式会社が取り組む「鎌形赤血球症」治療薬の、実際の治療に近い形での効果と安全性を確認する第Ⅲ相試験を支援しているのだそうです。

 

「鎌形赤血球症」は、赤血球の形状が鎌状になり酸素運搬機能が低下して起こる遺伝性の貧血病で、アフリカや地中海沿岸、中近東、インド北部で多くみられるようです。(Wikipedia参照)

 

現在、有効な治療法がない難病です。

 

フォーデイズは、エマウス社の遺伝的難病薬の創薬だけでなく、両社の知見を生かした業務提携も視野に入れているようです。

 

そしてフォーデイズは、看板製品の核酸ドリンクを使った”乳がんの放射線治療に伴う副作用を軽減する”、などの臨床試験での科学的裏付けを行うなどして、人々の健康を願うというエマウス社との共通の目的のために協力し合っていく方針のようです。

 

今後、フォーデイズのネットワークビジネス(MLM)をはじめとした業務の多様化にも注目していく必要があるでしょう!

 

金持ち父さんになれる在宅ワーク成功法!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ