ネットワークビジネスは異業種交流会の厄介者!

この記事の所要時間: 155

ネットワークビジネス(ネットワーカー)異業種交流会では厄介者扱いされていますね。

 

異業種交流会とは、サラリーマンや事業主、起業家、など様々な業種の人達が交流し、意見や情報を交換する場です。

 

自分の仕事に役立つ情報を入手したり、人脈を広め事業の提携先を探したり、といった目的で利用されるのが本来の趣旨です。

 

ところが最近、営業目的で参加する人達が増えてきたようです。

 

私がこれまで参加してきた異業種交流会では、加入者獲得目的の保険の営業マンや自己啓発商品の顧客目当ての営業関係者、などが多かったように思います。

 

ネットワークビジネスのリクルート目的の参加者にも数多く出くわしました。

 

かくいう私もその一人でした。

 

こういった目に余る営業目的での参加者のために、同業者が参加出来なくなってしまった異業種交流会はかなりの数にのぼります。

 

ある交流会は会則で、「政治、宗教、マルチ商法のテーマは一切取り扱わないものとする」、とマルチ商法(ネットワークビジネス)排除の姿勢を明確にしています。

 

そんな状況もあってか、さすがに最近ではそれと分かるような参加申し込みをしなくなったため、名刺交換しただけではNG業種と判別できない悪質な輩(やから)も増えてきました。

 

その場では名刺交換だけして、後日じわじわ引き込もうという戦略でしょう。

 

異業種交流会などの現状からも、口コミのネットワークビジネスのリクルートの大変さが垣間見られますね!

 

ネットワークビジネス成功者が実践するインターネット活用法を学ぶメルマガ

インターネット集客で寝てる間にダウンが出来る秘密とは?
口コミで友人知人をリストアップ・勧誘しない、評判のネットワークビジネスMLM成功法

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

このメルマガは無料で、即解除可能です!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ