さわやか労働組合の夢でよかった加入で車活用も安心!

この記事の所要時間: 235

mercedes

 

本日は、さわやか労働組合の新商品「夢でよかった(交通事故相互共済)」のご紹介です。

 

なごみ共済ビジネスに必要なウイズのエージェント登録料に異議?」という記事でも書きましたが、開業届を出すことが困難なサラリーマンや主婦は、ウイズ株式会社のエージェント登録(登録料1万円)をして、さわやか労働組合の組合員として活動することになります。(年千円の組合員費が必要)

 

そのさわやか労働組合から2016年7月に新発売になったのが、交通事故相互共済の「夢でよかった」です。

 

さわやか労働組合の交通事故相互共済「夢でよかった」とは

このさわやか労働組合の交通事故相互共済「夢でよかった」の最大のセールスポイントは、自動車事故などの交通事故の際、被害者はもちろん、加害者本人もお金(共済金)がもらえるということです。

 

通常の自動車保険ではカバーしきれない加害者本人の補償をするということです。

 

どんな共済金があるかというと、

 

  • 死亡させた(死亡した)場合の死亡共済金500万円
  • 後遺障害共済金1級(500万円)~13級(10万円)
  • 入院共済金10万円
  • 骨折共済金5万円

 

などです。

 

死亡共済金は、事故の翌営業日に半分の250万円を即支払ってもらえます。(残りは書類提出後)

 

交通事故の加害者になると、当面の生活費(被害者の葬儀・見舞金等も含む)に200万円から300万円かかるといわれています。

 

死亡共済金は、その当面の生活費をまかなうことができるありがたい補償なのです。

 

いかがですか?

 

毎月わずか1,000円でこれだけの補償が受けられるんです。

 

この交通事故相互共済「夢でよかった」の補償内容は、なごみ共済協同組合の「ドライブプロテクト」と同じになります。

 

開業届を出せない方は、「夢でよかった」で「ドライブプロテクト」と同じ補償が受けられるので、車を活用してのビジネス活動が安心してできますね!

 

以上、「さわやか労働組合の夢でよかった加入で車活用も安心!」でした。

 

リストアップやアポ電、セミナー、ABCにアレルギーのあるあなた!

 

ネットワークビジネス成功者が実践するインターネット活用法を学ぶメルマガ

インターネット集客で寝てる間にダウンが出来る秘密とは?
口コミで友人知人をリストアップ・勧誘しない、評判のネットワークビジネスMLM成功法

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

このメルマガは無料で、即解除可能です!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ