PIO-NETの数字で見る、マルチ取引(ネットワークビジネスMLM)の悪徳度は?

この記事の所要時間: 133

国民生活センターと全国の消費生活センターとを結ぶ情報収集システムのPIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)によれば、寄せられるマルチ取引(ネットワークビジネスMLM)の相談件数が5年連続で減少しているそうです。

sobagirl

12年度のPIO-NET収集の消費生活相談件数はおよそ83万件で、その中でもマルチ取引(ネットワークビジネスMLM)の相談件数は、1万件にも満たない状況です。

通信販売の約25万件や電話勧誘販売の約7万6,000件と比べても、かなり低い数字です。

そこで、マルチ取引(ネットワークビジネスMLM)がPIO-NET収集の総相談件数に占める割合を見てみると、1.2パーセントとかなり低い水準です。

PIO-NET収集の数字を検証してみて、世間で大騒ぎするほど、マルチ取引(ネットワークビジネスMLM)が悪徳ではないことが分かります。

マルチ取引(ネットワークビジネスMLM)という流通方式が日本に入って間もない頃に、悪徳業者が蔓延ったことの後遺症がまだ残っていると考えるにしても、マルチ取引(ネットワークビジネスMLM)に対する世間の偏見は異常と言えます。

このことから、マルチ取引(ネットワークビジネスMLM)に偏見を持たない人達へのアプローチが重要になってくることが分かりますね^^

あっぱれ【ネットでMLM】インターネットでネットワークビジネスを成功させるメールセミナー

お名前メールアドレスだけで、無料でお送りします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

配信解除はすぐ出来ますから、ご遠慮なくお申込みください!
注)受講者多数のため、口コミでダウンが出来ない方以外、受講をお控ください!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ