その手にのるな!悪質商法(マルチ商法、他)!マンガで注意喚起!

この記事の所要時間: 132

世間では、ネットワークビジネス(MLM)はマルチ商法として悪質商法の一つに挙げられているようです。

過去の悪い歴史を未だに引きずっているんですね。(ネットワークビジネスと法律をご参照のこと)

jal_mahal

岩見沢市消費者センターのホームページでは、「その手にのるな!悪質商法」と題して、手口と対処のポイントがマンガで紹介されていました。(うまい話には裏がある!「キャッチセールス」編)

周囲も一緒に気をつけて「高齢者が狙われている!」編、というのもありました。

参考にすべき商法として、

・マルチ商法
・SF(催眠)商法
・キャッチセールス
・カタログ通販
・開運(霊感)商法
・ネガティブオプション(送り付け商法)
・展示会商法

以上のような商法が記載されていました。

また、相談事例Q&Aでもマルチ商法のケースが1件紹介されていました。

「いいアルバイトがある」という誘い文句で知り合いから契約し、多額の借金と在庫だけ残った、という若者のケースです。

多分、消費者金融かなんかでお金を借りて契約したのでしょう。よくあるケースです。

このケースのようにクチコミで勧誘する場合、勧誘目的を告げずあいまいな誘い文句でセミナーやABCに連れていく、というのはよくあるパターンです。

勧誘目的を告げないこと自体、すでに特商法に違反しています。

クチコミのネットワークビジネスの場合、特商法および関連法規を犯す危険性と常に隣り合わせと言っていいでしょう。

また、人脈には限界がありますからいずれは行き詰ってしまいます。

そこで、私は、インターネットを使った活動をおススメしています。

主婦がパートに出ずに毎月10万円稼ぐ方法!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ