ネットワークビジネスはメトカーフの法則が実証する成功法だ!

この記事の所要時間: 145

メトカーフの法則(日本ではメトカルフェの法則)」というものがありますが、ネットワークビジネスの「てこの原理」と共通するものがあります。

swan

メトカーフの法則とは、ロバート・メトカーフが1995年に提唱した法則で、「通信網(ネットワーク)の価値は利用者数の二乗に比例する」というものです。

一方ネットワークビジネスにおいても、ドンフェイラ氏の著書「2×2=6 あなたのやり方は間違っている」でも、同様の理論を展開しています。

例えば、1レベル目に2人だったダウンラインが1レベル目の2人があなたと同じようにそれぞれ2人をリクルートするとしたら、2の二乗に比例して2段目には4人増え、あなたのダウンラインは6人となります。

同様に、2レベル目の4人がそれぞれ4人づつリクルートしたならば、4の二乗で3段目には16人増えて、あなたのダウンラインは22人になります。

このように、ネットワークビジネスは「てこの原理」を利かせることで一人の人の力を何十倍、何百倍にも増幅させることが出来るのです。

素晴らしいとは思いませんか?

一般的にネットワークビジネスは、製品やサービスの良さを実感している消費者でもあるディストリビューターが、身近な友人知人をターゲットにクチコミで流通を起こして傘下組織を構築していく、というのが従来からのあり方でした。

しかし、こういった手法は、友人知人など人脈が限られているうえに、ネットワークビジネスに対する世間的な評判がまだまだ良くなっているとは言えない現状などを考えると、私個人としてはおススメ出来る手法ではありません。

実際、私が見てきた中で上手くいっているのは、ほんの一握りの限られた人達でしかありませんでした。

そこで私は、インターネットを活用した集客法を提案します。

インターネットで仕掛けを作り、興味のある人だけにアプローチしていく方法です。

このノウハウで思う存分リクルートしまくってくださいね^^

貴女の組織もインターネットで倍々に!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ