アベノミクスで切り捨てられる経済的弱者がやるべき在宅ワークとは?

この記事の所要時間: 26

alessandra-ambrosio-vacation

アベノミクスで経済的弱者の切捨てが着々と進行中です。

 

そんな切捨ての対象になった経済的弱者は、在宅ワークでもやって自己防衛しなければ野垂れ死にしてしまいかねませんよね!

アベノミクスで進行中の経済的弱者切捨てとは?

アベノミクスで進行中の経済的弱者切捨てですが、「子育て世帯臨時特例給付金」、「臨時福祉給付金」、「年金生活者支援給付金」、以上3つの給付金で問題になっています。

 

臨時福祉給付金は支給額の減額(最高15,000円が6,000円)で、年金生活者支援給付金の月5,000円は支給先送りです。

 

子育て世帯臨時特例給付金にいたっては、なんと支給中止です。

 

以上、アメーバニュース参照

 

昨年4月の消費税率3%引き上げ時の大義名分(増税分は福祉に使う)はどこへやらの経済的弱者切捨て(いじめ)ですね!

経済的弱者が取り組むべき在宅ワークとは?

こんな切捨て(いじめ)の対象になった経済的弱者はいったいどうすればいいのでしょうか?

 

在宅ワークで稼ぐことで危機を乗り切るしかありませんよね?

 

では、稼ぐための在宅ワークは何がいいのか!

 

私のおススメの在宅ワークは、インターネットを活用したネットワークビジネスです。

 

ネットワークビジネスは友人や知人を勧誘するのが基本ですが、人間関係を悪くしがちです。

 

そこで、インターネットを活用してネットワークビジネスに興味を持っている人にアプローチするのです。

 

この方法なら、ストレスなく権利収入のような安定した収入を稼ぐことが可能です。

 

興味のある方は、以下をご参照ください!

子育て世帯臨時特例給付金をあてにしていた子育てママがネットで稼ぐ権利収入とは?

ネットワークビジネス成功者が実践するインターネット活用法を学ぶメルマガ

インターネットで寝てる間にダウンが出来る秘密とは?
口コミで友人知人を巻き込まない、評判のネットワークビジネスMLM成功法

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

このメルマガは無料で、即解除可能です!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ