耐久消費財なみの報酬獲得条件を課す販売型のネットワークビジネス!

この記事の所要時間: 234

今までの会社人生での失敗を10倍にして取り戻す方法

 

耐久消費財なみに厳しい報酬獲得条件を課す販売型ネットワークビジネスをやっている知人がいます!

 

この会社、一本の定価が2万円(消費税別)の主力商品があるのですが、最低ロットが2本ワンセットになっています。

 

会員になるには、この商品3セット(6本)分の代金(定価12万円+消費税6千円)と登録料3千円の合計12万9千円が必要です。(消費税5%時の計算です)

 

紹介者であるディストリビューター(会員)によっては、1割くらい割引してくれる場合もありますが、それでも10万円以上の出費になってしまいます。

 

この条件で会員になると販売員という資格を得ることが出来、以降定価の3割引きで商品を購入することが出来るようになります。

 

ところで、最初に購入した6本は在庫になるとお考えですか?

 

カクテルの写真

いいえ、在庫にはなりません。

 

なぜなら、早く体感を出すためという理由で会社推奨の量の10倍くらいの摂取をススメられるので、1本が1週間くらいで無くなってしまいます。

 

1ヶ月半くらいであっという間に消費してしまうため在庫にはならないんです。

 

これだけの量を飲めば体感が出る人もいるので、当然ですがリピートしたがります。

 

ここで上位の販社などが口添えします。「今は販売員で3割引きだけど、代理店になれば半額で買えるのよ!」

 

定価2万円が5割引きの1万円で買えるのです。

 

商品が欲しい新米の販売員は、「どうしたら5割引きの代理店になれるの?」と質問します。

 

上位販社は「あなたを含めたグループの定価ベースの購入額が144万円になれば代理店になれるわよ」と答えます。

 

入会したばかりの新米販売員に組織の売上などありませんから、結局自腹で144万円を出費するはめに。

 

めでたく5割引きで商品を購入することが出来るようになった新代理店は何とか144万円を回収しようと頑張って12万9千円で購入するカモ、いや新規見込み客を会員にすることが出来ました。

 

さて、報酬をもらうには?定価12万円の商品の購入が必要です。

 

代理店になっているのでなんとか半額の6万円(税込6万3千円)で済みますが、購買型の相場である1万数千円に比べればかなりの負担です。

 

驚くことにこの会社、20数年の営業歴があるのです。

 

でも、情報に疎い年配の会員が多いので、なんとなく納得です。

 

今までの会社人生での失敗を10倍にして取り戻す方法

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ