コンベンションを楽しむなら、外資系ネットワークビジネス企業だね!

この記事の所要時間: 154

ネットワークビジネス(MLM)企業の年に一度の一大イベントとしてコンベンションがありますよね?

glasscat

企業の魅力を知ってもらう良い機会で、参加を機に発奮して見違えるほどの活躍をした、なんてビジネス会員さんもおられるのではないでしょうか?

もちろん日本のネットワークビジネス(MLM)企業も開催していますが、やはり何と言っても外資系ネットワークビジネス(MLM)企業のコンベンションには目を見張るものがあります!

豪華な舞台装置で繰り広げられる派手なパフォーマンスや雰囲気に、つい引き込まれてしまいがちです。

さらに、英語など理解できない外国語でのスピーチにもかかわらず、分かったような気にさせられてしまう経営陣のスピーチの上手さには脱帽です。

どうせお金を出して参加するなら、ワクワク楽しめる外資系ネットワークビジネス(MLM)企業のコンベンション、という方も多いのではないでしょうか?

どちらかと言えば、地味より派手なコンベンションのほうがテンションが上がりやる気が出る(モチベーションアップ)ような気がしませんか?

そう思うのは私だけでしょうか?

もしもご自分の参加したネットワークビジネス(MLM)企業のコンベンションが地味だったら・・・

一般的にネットワークビジネスは、製品やサービスの良さを実感している消費者でもあるディストリビューターが、身近な友人知人をターゲットにクチコミで流通を起こして傘下組織を構築していく、というのが従来からのあり方でした。

しかし、こういった手法は、友人知人など人脈が限られているうえに、ネットワークビジネスに対する世間的な評判がまだまだ良くなっているとは言えない現状などを考えると、私個人としてはおススメ出来る手法ではありません。

実際、私が見てきた中で上手くいっているのは、ほんの一握りの限られた人達でしかありませんでした。

そこで私は、インターネットを活用した集客法を提案します。

インターネットで仕掛けを作り、興味のある人だけにアプローチしていく方法です。

このノウハウで思う存分リクルートしまくってくださいね^^

外資系MLM企業の新規オープンに振り回されるな!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ