ネットワークビジネスで営業停止になりそうな会社を見分けるコツ!

この記事の所要時間: 219

減るお金

あなたは、ネットワークビジネス営業停止になりそうな会社を見分けるコツを知りたくありませんか?

 

自身が参加しているネットワークビジネスの会社が営業停止になったら、新規顧客(ダウン)の勧誘ができなくなります。

 

そうなれば、傘下ダウン組織のビジネス活動がマヒ状態になり、活気を失うことになります。

 

最悪、一部リーダーが組織ごと他の会社に移動なんてこともありえますよね?

ネットワークビジネスの会社が営業停止になる理由

そもそも、ネットワークビジネスの会社が営業停止になる理由ってなんでしょう?

 

ネットワークビジネスの会社は特商法(連鎖販売取引)の規定に則って営業活動をしています。

 

ダウンの勧誘活動をするビジネス会員などがその特商法(連鎖販売取引)の規定に違反した場合に、会社の責任として営業停止処分になるのです。

 

過去の事例で営業停止になったケースで多いのが、

・ネットワークビジネスの勧誘目的であることを隠す

・「何もしなくていい、絶対に儲かる」などとうそを言う

・相手方が契約せざるを得ないようなやり方(威迫して困惑させる)で勧誘する

・概要書面や契約書面を渡さない

・契約の解除に応じない

などです。

営業停止になりそうな会社を見分けるコツ

さて、あなたが知りたい「営業停止になりそうな会社を見分けるコツ」ですが、もうお分かりですよね?

 

そうです。

 

上述の過去の事例で営業停止になったケースで勧誘してくる友人や知人が多く参加しているネットワークビジネスの会社が要注意です。

 

そういう会社でまだ営業停止になっていない会社は危機管理が甘い可能性があり、今後営業停止になってもおかしくないので気をつけてください。

 

これはという会社があったら、過去の営業停止処分の有無を行政庁に問い合わせてみるといいでしょう。

 

リストアップやアポ電、セミナー、ABCにアレルギーのあるあなた!

 

 ネットワークビジネス成功者が実践するインターネット活用法を学ぶメルマガ

インターネットで寝てる間にダウンが出来る秘密とは?
口コミで友人知人をリストアップ・勧誘しない、評判のネットワークビジネスMLM成功法

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

このメルマガは無料で、即解除可能です!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ