与沢翼さんはアムウェイより株の複利運用がおススメ?

この記事の所要時間: 426

stock

 

与沢翼さんをご存知ですか?一時アムウェイでも話題になりましたね!

 

でも今は、アムウェイより株の複利運用をおススメしているようです。

 

与沢翼さんが最近始めた「未来塾」の講義で力説されています。

 

株の複利運用で億万長者

さて、「株の複利運用」についてです。

 

ようは、株で出た利益を投資元本に組み入れて再運用することです。

 

たとえば、投資元本が1,000万円だったとします。

 

ある月に運用益が20%の200万円出たとします。

 

その200万円を使わずに、投資元本の1,000万円に組み入れるのです。

 

そうすると、投資元本は1,200万円になりますよね!

 

翌月の運用益が前月同様20%だったとしたら、1,200万円×20%=240万円の儲けです。

 

投資元本が100万円のままだったら、こうはいきません。

 

使わずに我慢したお駄賃みたいなもんです。

 

儲けを投資元本に繰り返し組み入れていけば、億万長者は夢物語ではありません。

 

毎月20%の儲けが出ることが大前提で複利運用していくことで、いったいいつ億万長者になれるのでしょうか?

 

毎月20%の儲けということは、投資元本の1.2倍ということです。

 

そこで、乗数計算を自動的にしてくれるサイト(http://keisan.casio.jp/exec/user/1325256498)で計算をしてみました。

 

そうすると、13か月で10倍(10.699・・・)を超えることが分かりました。

 

株の複利運用をすると、1,000万円がわずか13か月で1億円になるのです。

 

凄いと思いませんか?

 

これでは、与沢翼さんがアムウェイより株の複利運用おススメになるのも理解できます。

 

アムウェイにも複利運用的な魅力が

ただ、アムウェイなどのネットワークビジネスも捨てたものではありません。

 

なぜなら、ネットワークビジネスの醍醐味である「てこの原理」が働くからです。

 

複利運用ではありませんが、「複利運用的」な魅力です。

 

どういうことか、具体的に説明しますね!

 

例えば、最初にあなたが2人を勧誘してダウンにしたとします。

 

その2人が翌月にそれぞれダウンを2人づつ作ったと仮定します。

 

この連鎖を計算式であらわすと下記のようになります。

 

2×2=4

4×2=8

8×2=16

16×2=32

32×2=64

 

あなたが最初にダウンを作った5か月後には100人を超える組織になります。

 

あくまで机上の計算ですが、ある一定の運用益を大前提にした株の複利運用に似ていませんか?

 

100人の組織ではピンとこないと思いますから、お金に換算しますね!

 

100人のダウンが1万円の製品を購入するとします。

 

あなたのグループの売上は100万円です。

 

報酬還元率を40%とすると、あなたの報酬は40万円になります。

 

かなりアバウトな計算ですが、どうですか?

 

サラリーマンや主婦の副業としては十分すぎる額ではないでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

たしかに株の複利運用は魅力的ですが、リスクもあるし、与沢翼さんであればこそかもしれません。

 

しかし、アムウェイをはじめとしたネットワークビジネスならリスクはありません。

 

収入が得られなかったとしても、アムウェイなどの高品質なサプリメントで健康を維持できていたのはメリットですよね?

 

勇気を出して一歩を踏み出してみませんか?

 

今何もしなければ、5年後10年後も今のままの可能性大ですよ!

 

リストアップやアポ電、セミナー、ABCにアレルギーのあるあなた!

 

ネットワークビジネス成功者が実践するインターネット活用法を学ぶメルマガ

インターネット集客で寝てる間にダウンが出来る秘密とは?
口コミで友人知人をリストアップ・勧誘しない、評判のネットワークビジネスMLM成功法

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

このメルマガは無料で、即解除可能です!

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on FriendFeed
LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ